白内障、翼状片、結膜弛緩症、眼瞼下垂、眼瞼内反、加齢黄斑変性症、網膜静脈閉塞症、糖尿病黄斑浮腫



大 中    
文字サイズの変更↑    

院内風景

 

機器紹介

受付 ◇受付・待合室
受付はオープンカウンターを採用しています。
待合室は患者様がゆったりと待ち合い時間を過ごせるように座席を配置しています。

また、院内はバリアフリーですので、車椅子の方や御年配の方でも安心して御来院いただけます。
  ◇ハンフリー(自動視野計)
緑内障をはじめとする視神経障害、網膜の検査機器として、最新の自動視野計を導入し、より短時間で正確な視野検査ができます。
ハンフリー
    
待合室   ◇眼底カメラ
眼底写真はもちろんのこと、蛍光眼底造影検査で網膜の血液循環、網膜病変の検出、活動性の評価を行ないます。自発蛍光撮影も可能となり、萎縮網膜の範囲を検出し易くなりました。
眼底カメラ
 
検査室 ◇検査室
明るい雰囲気の検眼室では通常の検眼、コンタクトレンズ、眼鏡の処方用の機械をそろえております。
  ◇眼圧計
非接触式眼圧計で、緑内障、高眼圧症のスクリーニングを行います。
眼圧計
 
レーザー網膜光凝固、YAGレーザー ◇レーザー網膜光凝固、
YAGレーザー

糖尿病網膜症、網膜静脈閉塞症、網膜裂孔などに網膜光凝固、後発白内障にYAGを用いて治療します。
両方を用いて、急性緑内障発作、狭隅角に対するレーザー虹彩切開も行ないます。
  ◇ARK
機械の前にある台にアゴをのせて、機械の小さい窓から中の絵を見るだけで、自動的に屈折を検査することが出来ます。
ARK
 
手術室 ◇手術室
眼瞼、結膜、白内障の日帰り手術を行っています。
手術顕微鏡は、カールツァイス社 OPMI Lumera i、手術機械は、アルコン社 CENTURION Vision Systemを使用しています。それぞれトップシェアのメーカーであり、最新のモデルを導入し、安全で、術者にとっても手術をし易い環境を整えています。
  ◇モニター付き細隙灯顕微鏡
丁寧に診察し、モニターに目の状態を写し、詳しく説明します。
モニター付スリット
 
      ◇OCT
最新、最高解像度のカールツァイス社製で、網膜の断面を解析し、網膜、視神経疾患の詳細を検査出来ます。
OCT
 
      ◇光学式眼軸長測定装置
白内障手術で必須な眼軸測定には、最新の光学式も用いて精度の高い検査を行います。
超音波Aモードも併用して、濁りの強い白内障にも対応しています。
光学式眼軸長測定装置
 
      ◇アルコン社CENTURION
Vision System

白内障手術機械は、世界で最も実績があり、使い易い同社のINFINITI Vision Systemを使用してきました。
その後継機種にあたる最新のCENTURION Vision Systemを導入し、より安全で正確な手術が可能となっています。
アルコン社CENTURION Vision System